ブログ

Coverings2024 レポート

展示風景

アメリカはアトランタ、「ジョージア・ワールド・コングレスセンター」にて、4月22日~25日の4日間でブース出展いたしました。前回2023年フロリダでの展示会レポートはできませんでしたが、今回で丸万商会として2回目の出展です。

2コマ(3m x 6m)の中で42パネルを展示しました。ほとんどのパネルがこの展示会に向け、メーカーさんと協力し半年間かけ1から開発した色です。

展示風景

海外メーカーのブースでは、大判タイルが並ぶ中、インクジェットではない湿式施釉の立体物や、日本らしい窯変調のモザイクタイルが多く見受けられました。

しかし、4日間を通して感じたことは海外メーカーとの差別化が難しい状況の中でも、自然の土、釉薬、トンネル窯での焼成からなる自然な色むら、土物感、焼き物感がある日本タイルの特徴、そのわずかな違いを理解してくださるお客様はいる!ということです。

丸万は、そんな方を含め、興味を持っていただいた皆様一人一人へその特徴、特性をご説明し、ご理解いただくことがMade in Japanが求める環境作りへ繋がり、世界への発信をサポートできると信じています。

 

関連記事一覧

ショールーム リニューアルオープン 平日9:00~17:00 (12時~13時は休憩)

タイルクラフト目地入れの手順