ブログ

『2021年度建築視察-後編-』

100年の歴史を持つ高架下

日比谷OKUROJI
www.jrtk.jp/hibiya-okuroji/

2020年9月に生まれ変わった全長300mの高架下空間。
建設から100年経つレンガアーチを残したまま、モダンに仕上がっております。
歴史が見え隠れする、お店に立ち寄らなくても建造物の満足感を味わえるこだわり深い空間でした。

アプローチの片面はきれいにリノベーションされ、もう一方はレンガを残したままです。

 

レンガアーチは汚れなどもそのままに。
レトロとモダンが見事にマッチしています。

 

通路の所々に、わざと削ってあるレンガがありました。
原料に色をつけられる焼物だからこそできる仕上げ方ですね。

 

歴史ある建造物の形を残して新しく見せる提案の仕方が勉強になりました。

関連記事一覧

ショールーム リニューアルオープン 平日9:00~17:00 (12時~13時は休憩)

建築建材展2021 ご来場ありがとうございました

建築建材展2021 ご来場ありがとうございました

マジョリカタイル復刻を手がけています

ニッチにタイル「ビューティシリーズ」新発売

ビューティーシリーズ
タイルクラフト目地入れの手順